スライドランチャー プロモーション画像

スライドランチャー – アプリ紹介

Androidのアプリ開発で2番目に作成したのがこのアプリです。
開発期間は1ヶ月ぐらいで、Playストアに公開したのは2014年7月です。

スライドランチャー
デベロッパー: SFApps
価格: 無料
スライドランチャー Pro
デベロッパー: SFApps
価格: ¥100
スライドランチャー
デベロッパー: SFApps
価格: 無料*

開発の経緯

スライドメモで作成したスライドの部分を使用して別のアプリを作成できないかと考えたところ、使用していたホームアプリがごちゃごちゃしていたためランチャーアプリを作成しようと考えました。

機能

ランチャーの機能としては以下のものがあります。

  • 表示切替機能 – すべてのアプリ、お気に入り、最近使用したアプリ、ウィジェット(有料版)で切り替えできます。
  • アプリ検索
  • グループ分け機能
  • 起動中アプリチェック機能
  • タスクキル機能
  • アンインストール機能
  • ショートカット作成機能
  • ウィジェット作成機能(有料版)

起動中アプリチェック機能は、起動中のアプリに下線を表示することで、一目で起動中の状態がわかるようにしてあります。

有料版について

ウィジェットの設置ができる機能が追加されています。
また、起動中のアプリのCPU使用率・ネットワーク使用量の表示が出来るようになっています。

開発にあたって

スライドの部分はスライドメモで作成していたため、ランチャーの機能作成は実際のところ2週間程度だったと思います。

ただ、Androidのバージョンアップにより仕様変更が行われ、起動中のアプリが取得できなくなったり、起動したアプリの履歴が取得できなくなったりしたため、公開後にアプリを修正した期間はすべてのアプリの中で1番かもしれません。

また、アプリに対する機能追加の要望も多かったため、それらの開発期間を合わせると全部で3ヶ月程度掛かったと思いますが、その分、初期の頃より使いやすくなっていると思います。